旅行vlogキュレーションメディア

山形県 国内 東北

大正ロマンあふれる山形の銀山温泉巡り(青森弁ナレーション付)【ゆきと支配人】

投稿日:

こんにちは!

今回は主に地元青森県でのお出かけvlogを中心に動画を多くあげているゆきと支配人さんから、2019年2月に山形県の銀山温泉に宿泊へ行った際のvlogをご紹介します!

このvlogのポイント

・全編解説(青森弁)付き
・まさに大正ロマン!な銀山温泉の魅力
・前編(1日目)と後編(2日目)でお楽しみください

前編青森弁での解説付き

ゆきと支配人さんは、地元青森のイベントやお出かけスポットを中心に紹介する動画をあげていらっしゃいます。

公式ツイッターのプロフィールでは「青森県出身、それ以外はほぼ未公開」とあり、経歴には「公僕→社畜→家畜」とあります。「家畜??

ちなみに、動画内でご本人が話されているので分かりますが、実家はリンゴ農家さんのようです。さすが青森県ですね!

ただ、今回ご紹介するスポットは青森県ではありません

ちなみに、当サイトで青森県を紹介した過去記事はこちらをご確認ください。

青森県の恐山ってどんなところ?地獄かそれとも・・【Moony's】

今回は、日本一周をしながら各地の旅行vlogをあげているMoonyさんの動画(2019年7月現在は日本一周を終了したそうです。)から、今年の6月に公開された青森県むつ市にある恐山を訪れた際のvlogを ...

続きを見る

今回は山形県の旅行vlogをご紹介したくてvlogをさがしていたところ、この独特な青森訛りが魅力的なゆきと支配人さんのvlogに出会いました。

動画は銀山温泉に向かう車中の会話から始まります。

冒頭からすでにお連れの方と何を話しているのか・・目をつぶると分かりません。笑

でもご安心ください!

ゆきと支配人さんの動画はすべてに標準語の字幕がふられています。青森弁を聞きながら字幕の内容を比較すると楽しさ倍増です!

大正ロマンが溢れている銀山温泉

会話は盛り上がりながら銀山温泉まで雪深い山道を行くことになります。

各方面からのアクセエスは銀山温泉公式サイト「アクセス」をご確認ください。ちなみに山形県新庄市からは車で1時間弱ほどの距離です。

ようこそ銀山温泉へ」の看板を横切り銀山温泉の温泉街へ足を踏み入れると、そこには昔ながらの古い建物がいまも残る温泉街でした。

銀山温泉公式HPによると、銀山温泉の名前の由来は江戸時代初期に大銀山として栄えた「延沢銀山」の名称に由来しているとのこと

大正時代の末期に建てられた洋風木造多層の旅館が銀山川の両岸に沿って軒を並べており、大正時代から続く昔ながらの景観を味わうことができます

さっそく宿泊する予定の宿に入って部屋に案内されると、部屋の中のレビューをしてくれます。

入ったらすぐ脇にある冷蔵庫を開けると・・

さすが大正浪漫だ!」と感心してしまいます。

さて、何に大正ロマンを感じたのでしょうか!?

この動画で唯一私にも共感できなかったポイントでしたので、みなさんも是非チェックしてみてください。笑

もちろん冷蔵庫だけじゃなく部屋の様子は隅々までレビューしてくれていますので参考にしてください。

ちなみに部屋の窓からの風景はこんな感じ

いやぁ趣がありますよね

その後は夜のお散歩。ガス燈が灯っていい雰囲気を出しています。

やっぱり「大正ロマンだよ!」連発です。

その後は宿のお料理を楽しんで貸し切り温泉のレビューもしてくれています。

ちなみに今回ご紹介する動画は「到着から1日目の夜までの」前編と「翌朝から」の後編に分かれています。

まずは夜の幻想的な雰囲気が味わえる前編からご覧ください。

 

そして、大正ロマンを感じる温泉街を散策する翌日からの後編も合わせてご覧ください。

 

人気記事

1

こんにちは! 今回は1年前に夫婦で脱サラをして、雑貨などを販売するオンラインショップを運営しながら日本中を旅している脱サラさいとう夫婦さんのチャンネルから、日本横断の旅1日目のvlogをご紹介します! ...

2

こんにちは! 今回は「カブでオタクが日本一周!」でお馴染みのゆっぺさんのvlogから、シリーズ4作目をご紹介します。このvlogのポイント・相変わらずの編集力 ・美しい地球岬の風景 ・途中でタンクキャ ...

-山形県, 国内, 東北
-, , , , , , , , , ,

Copyright© コンパス , 2020 All Rights Reserved.